ホーム > 兵庫の自然  > 兵庫の自然歩道 > 日本海ルート > 兵庫県最北端 猫崎半島をめぐるみち

兵庫の自然
兵庫県最北端 猫崎半島をめぐるみち
●コースの概要
   猫崎半島を望む美しい砂浜にある竹野浜バス停を出発して、海岸沿いにコースを西へ進みます。途中、北前船の資料室などが揃う北前館を経て、兵庫県最北端にあたる猫崎半島に着きます。波食甌穴群や賀嶋公園等の名所を楽しんだ後、コースを少し戻り、北前船の遺産を残す鷹野神社へ進みます。神社を後にして、竹野川を渡り、キャンプ場もある弁天浜を経て、丘を登ると休暇村竹野海岸です。駐車場からキャンプ場の中を下っていくと、小さな砂浜や奇岩がある庵蛇浜へ出ます。美しい景色を満喫した後は、再び休暇村に戻り、宿舎の近くから西へ山道を下ります。竹野スノーケルセンター・ビジターセンターを眼下に望む道を西へ進み、切浜の海水浴場にたどり着きます。神話も言い伝えられる淀の洞門に寄ってから、県道へ出ます。
県道に沿って切浜バス停に行く前に、西へ足を伸ばせば、丸い大きな岩がはさまる不思議なはさかり岩に寄ることもできます。

猫崎半島
●猫崎半島
 沖合からみると猫が両耳を立てた姿に似ているのでこの名がついたと言われています。半島の西側には波食棚が発達し、棚上には直径20〜50cmの甌穴群が見られます。

●竹野浜
 遠浅の澄んだ海と白い砂浜、山陰海岸随一の海水浴場として古くから知られ、5月の「北前まつり」や7月の花火大会等、様々なイベントが竹野浜を中心に繰り広げられます。
竹野浜

淀の洞門
●淀の洞門
 切浜の北端の岬に、日本海の海蝕作用によってつくり出された洞窟は高さ約18メートル。神代の昔よりあるといわれ、スサノオノミコトの伝説が語り継がれています。

●はさかり岩
 切浜から浜須井に向かう海岸道路の下の海から突き出した2つの岩柱の間に、直径3〜4mの丸い岩が挟まった奇観で、そのために「はさかり岩」の名で呼ばれています。
はさかり岩

北前館
●北前館
 竹野は北前船の寄港により、江戸時代から明治末期にかけて廻漕業の村として栄えました。館内の北前船資料室には、北前船の歴史を物語る貴重な資料が展示されています。

●休暇村竹野海岸・竹野スノーケル センター・ビジターセンター
 山陰海岸国立公園での自然観察、野外活動の拠点として整備されたレクリエーション施設。
 エリア内のスノーケルセンターではスノーケリングによる自然観察を指導しています。
休暇村竹野海岸・竹野スノーケル  センター・ビジターセンター

指導標の見方
自然歩道のコースには、道の分かれ目や迷いやすい所に道標を設置してあります。 (道標には、矢印だけのものと、コースの見所ポイントまでの距離が表示してあるものがあります。)
問い合わせ先
   兵庫県自然環境課 (078)362-3318
豊岡市商工部観光課 (0796)23-1111
交通機関問い合わせ先
竹野浜バス停   全但バス豊岡営業所 (0796)23-2286
切浜バス停    全但バス豊岡営業所 (0796)23-2286


ページの先頭に戻る