Background color

Font size

表示言語

上山高原エコミュージアム

 

 兵庫県の北部 鳥取県境の扇ノ山山麓に広がる上山高原は、自然性の高いブナ林と人の営みの中で育まれてきたススキ草原があり、それらが一体となってイヌワシやツキノワグマなどに代表される、貴重で豊かな生態系を育くんできました。
 「上山高原エコミュージアム」は、この上山高原と麓の集落などを舞台に、自然環境の保全や、環境と共生した暮らしを学び実践する場づくりを、地域住民はじめ多様な主体の参画と協働により進めていくものです。

★エコミュージアムとは?★

地域をまるごと「生きた博物館」として、地域のさまざまな有形、無形の資源を、地域の人々が中心となって活かしつつ保全する取組で、地域活性化にも役立てていくものです。

 

●上山高原エコミュージアムの取り組みについて、紹介します。

上山高原エコミュージアムの取り組みについて

clip_posta.jpg

 

自然の保全・復元活動について

 

上山高原エコミュージアム(仮称)基本計画  概要版

 

● 上山高原エコミュージアムだより

創刊号
2号
3号
4号
5号

 

 

● 上山高原エコミュージアムの運営について

 「上山高原エコミュージアム」は貴重で豊かな自然を、県民共有の財産として、次代に継承するとともに、環境保全の取組を地域振興にもリンクさせ、継続的な取組となることを目指しています。
 そこでその運営については、地域住民を中心として、都市部住民、団体・NPO、事業者、行政など様々な主体の参画と協働によって行っていきます。
 平成14年7月には、地元運営準備組織「上山高原エコミュージアム準備会」が設立され、自然復元活動やプログラムの試行などさまざまな準備活動を行ってきましたが、本格的な運営を行っていくため、「特定非営利活動法人 上山高原エコミュージアム」が平成16年7月に設立されました。

☆☆「特定非営利活動法人 上山高原エコミュージアム」の概要☆☆

1 設立の趣旨

上山高原や麓の奥八田の集落などをまるごと生きた博物館ととらえ、地域の有形、無形の資 源を活かしつつ保全・再生する「上山高原エコミュージアム」の取組を通して、貴重で豊かな 自然を守り育むとともに、自然と共生してきた地域の暮らしに息づく知恵を学び活かし、広く 情報発信することにより地域内外の交流を図り、もって、かけがえのない自然を次代に継承す るとともに、地域の活性化に寄与する。

 

2 取組内容

① 自然復元活動等自然環境の保全・創造
② 上山高原エコミュージアムを構成する地域資源の保全・創造
③ プログラムの企画・立案・運営
④ 上山高原エコミュージアムに関する普及・啓発     等

 

3 会費

・正会員      2,000円/年
・賛助会員  1口   3,000円/年
・上山エコクラブ会員   1,000円/年

 

会についての詳しい内容や入会申し込みについては下記のサイトにアクセスしてください。

 u_banner.gif

 

 また、お問い合わせは兵庫県自然環境保全課、温泉町企画観光課でもお受けします。

 

兵庫県 健康生活部環境局 自然環境保全課  

TEL 078-362-9084   

FAX 078-362-3069

 

温泉町 企画観光課 

TEL 0796-92-1131(内線75)  

FAX 0796-92-2044

 

 

● 「ガイドマップ」ができあがりました!

上山高原エコミュージアムの魅力を満載した「ガイドマップ」が出来上がりました。
プログラムに参加していただいた方にお配りします。

710gaido1.jpg  710gaido2.jpg

 

 

 

● 詳しい活動内容やプログラムのお知らせは、下記サイトをご覧ください。

u_banner.gif

Get Adobe Acrobat Reader DCPDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードを行ってください。